Date

脂肪肝は身近な存在

身近な存在である脂肪肝から身を守る
Breast Cancer Ribbon

脂肪肝ってどんな病気?

脂肪肝と呼ばれる病気が、近年では大きな問題となっています。

脂肪肝とは簡単に言えば30代から40代くらいから発症しやすい肝臓の病気です。

いわゆる生活習慣病の1つであり、現代人の多くが悩まされていることから現代病としても数えられています。

主な原因としては肥満やアルコールの摂り過ぎなどであり、暴食時代かつ飲みニケーションが多い現代社会では非常に発症しやすい病気となっています。

また糖尿病に誘発される形で発症するケースも多い病気という特徴もあり、最悪の場合は糖尿病と一緒に苦しむ可能性があります。

しかも薬物投与などによる確固とした予防法が確立されていない病気であり、なおかつ自覚症状が無いため非常に気がつくにくいという特徴もあります。

特に自覚症状が無いというのは厄介であり、自覚症状が現れるほどの症状が現れた時にはすでに手遅れとなっていて、予防対策以前にすぐさま緊急入院して緊急手術をするなんてことにもなりかねません。

このように、脂肪肝とは何かと厄介な特徴を抱えている恐ろしい病気なのです。

脂肪肝というのは肝臓の病気です。

どういう病気かというと、簡単に言えば肝臓に脂肪酸が溜まりすぎて、機能不全を起こす病気です。

肝臓には食べたものを脂肪酸として蓄える機能があります。

そして蓄えられている脂肪酸は、いざという時に使われるエネルギー源として活用されるのです。

ところが、現代社会は運動不足が社会問題となっているように、エネルギーを使う機会がほとんどありません。

そのため、せっかく肝臓に貯めた脂肪酸をエネルギーとして消費する機会がなく、結果的にどんどんと無駄に貯めこんでしまうのです。

そして貯めこまれた脂肪酸は内臓脂肪という外見からは分からない脂肪として肝臓を圧迫していき、やがては炎症などによる異常を引き起こすことになり、最終的には肺がんなどの大病を誘発させることになるのです。

このように、脂肪肝は自覚症状がないというおとなしい症状とは裏腹に最終的にはとんでもない事態を引き起こす病気なのです。

しかしながら、そんな肝脂肪でも身を守る術は存在します。

その方法については以下のリンク先にあるサイトが参考になりますので興味があれば視聴してみてください。

件のサイトについてはこちらのリンクからどうぞ。

脂肪肝を予防して健康な体になるには

Comments are closed.